2011-06-28 (火) | Edit |
いとみつです。
きのうの続きのエコキャンプみちのくにて。

いつもは、あまり眠れないキャンプの夜ですが、
今回はよっく寝れました・・・。

ボイジャーコット、ありがとう・・・。

さて、
日曜日です。
明け方は降ってなかった雨ですが、
7時くらいには降り始め・・・。

タープに雨がたまるたまる。
今回友人のタープ(運動会とかで活躍する簡単タープ)と
うちのスクエアタープを無理くり合体させたので、
高さが合わないところにたるみが出来てしまいました。

直せません・・・。

のでごまかしながら朝食を食べちゃいました。

朝は、サンドイッチ。

食後は撤収です〜。
ベテランキャンパーさんには、常識かもですが、
初心者様のために雨女の私めにコツを書かせてくださいませ。

ゴミ袋とカッパは必須です。

寝袋、タープの下の物をテーブル以外片付けて車に積む。
  ↓
濡れて困るものの上にテーブル積む
  ↓
テントたたみ45Lゴミ袋に突っ込む。
  ↓
最後にタープをたたみゴミ袋に突っ込む。
  ↓
テーブルの上に乗せる。
  ↓
濡れた体を、温泉で温める(重要ですよね?)

以上。

まあ。どうしたって濡れますけどねっ。

ケシュアだけは、ポップアップテントなので、たたむとき濡れないようにするのは
大変ですが、タープ下に入れて、ブルーシートの上で汚れや水滴をある程度拭いてから、たたむといいですよ〜。

あとは、家に帰ってからの後始末があるわけですが・・・。
なぜか、テントを干したり、洗ったりがあまり苦ではなく、
むしろ、好きなんですよね。

なべや皿の洗い直しやBBQコンロを洗う方が苦痛(泣)
大量の服の洗濯物・・・苦痛(号泣)
イラスト










タグ: 雨キャンプ エコキャンプみちのく ケシュア ボイジャーコット イラスト
2011-07-03 (日) | Edit |
こんにちはいとみっつんです。
小さいお子さんと、キャンプでお泊り・・・。

はじめてだと不安なことがあります。
それは・・・

夜泣くんじゃないかということ・・・。

なんてったってテントは布一枚・・・丸聞こえです!

ハハ達にとっては、うるさいんじゃないかとプレッシャーがかかります。

いとみっつんの二男三男のキャンプデビューは1歳からですが、
初めてのときは、夜泣きしました。
二回目からは、あまりせず。
家ではしてた夜泣きは、慣れてしまえば、キャンプでは
しませんですた。
実は、キャンプ始めて7年、年に5回~7回ほどキャンプしてますが、
夜泣きしているお子さんと遭遇したのは1~2人なんですよね・・・。
いても12時くらいには静かになります。

思うに。

キャンプは、ずっと外です。
そして、だいだい子どもはお外好き・・・多分・・・。

好奇心が満たされ、フル回転した五感に体力を消耗し・・・・zzzz。

しかし、私がキャンプ行ったときにキャンプ初の子が居なかっただけ
ということもあります。
やはり初めてのときは夜泣き対策をしたほうがいいかもですね。
策はございます。

キャンプ場は、
1・ 木が多いところを選ぶ。区画が樹木でされているところ
2・ ファミリーに人気のところ(遊具がある)
  静寂を好むキャンパーさんは、ファミリー向けを避けてる方が多いようです。
3・ 予約受付時に、子どもが居ることを申告して、サイトを考慮してもらえるか聞いてみること

キャンプ場では
1・ お隣さんに挨拶しておきます。「初めてのキャンプです。子どもが夜泣き
するかもしれません。」と声をかけるといいとおもいます。
2. 寝えるとき泣き始め、なだめてもだめなら、テントから出る。
 無理に寝せず、だっこしながら焚き火やランタンの火を一緒にながめる。
( 寒さ対策忘れずに)

それでもだめなら
3.車にこもる。(結構聞こえません。)
逃げ場があると思うと少し気が楽になります。
なので、初めてのテント泊のときは
車が近くにおけるオートキャンプがいいですよ~。

もし万が一大泣きされても、
めげずにキャンプチャレンジしてください!
いずれ子どもも時と経験を重ねれば、
いつかハハをサポートする方になりますとも!

ちなみに

初めてのキャンプでは、母子キャンは心細くて楽しめないので、
むりせず、パートナーか、友達を誘ってくださいね~。

では今日はこの辺で・・・。

夜泣き




イラスト