2011-08-29 (月) | Edit |
こんにちわ。いとみっつんです。
今日は、先の震災時に付けていた、日記を見つけ
思わず読みふけった私です。
電気は7日間停電。水は12日間の断水。
ガソリンなし、お店・・・ほぼ閉店・・・。
そんな状態で役に立つかもしれないことを
書きましょう。

一番あせったのは水です。家にあったのは、
飲料水40リットルの備蓄(宮城県沖地震に備えていたもの)
それとお風呂の水。

お風呂の水は、トイレに使いましたが、大だけ流すのにも
結構水を使います。紙を流すのも水を使うため、
紙はごみ袋に・・・。
洗濯は、あきらめてしませんでした。
(寒かったからできたことですね)

三日後に給水車はきましたが、大行列の上制限があって、
1家族10リットル。
料理にうまく使えば二日持ちました。
(でも暑かったら持たないと思います。)
食器は、各自一つの皿でサランラップを敷いて食べて、
汚れ物を出さないようにし、ペーパータオルで拭きました。

しかし、トイレには間に合うわけも無く、
半分以上あった水は三日で三分の一まで減りました。
一週間後には、貯めた雨水で流しました・・・。
雨水は、大きい衣装ケースでたくさんたまり
トイレはそれで流しました。正直助かりました。

水道の復旧は二週間かかるとラジオで聞いて、気が遠く
なりましたが、水道局さんの懸命な復旧作業の様子を
ラジオで聞いていつか復興できると感じたものです。

しかし水が復旧した現在でも、お風呂の水を衣装ケースにいれて
トイレに置いている私・・・。トイレがせまい・・・。
けど、置いてないと不安で・・・
あのときは、ホント、井戸を掘ることまで考えましたよ・・・。
2011-08-29 (月) | Edit |
こんにちわ~。いとみっつんです。
キャンプしていてよかったな・・・
と思ったのが、

火でご飯を炊けること

照明器具の充実。特にランタンがあることと
懐中電灯が人数分あること。

そして子ども達が、全く動じていなかったこと。
・・・たぶん・・・・。

「焚き火でご飯炊けばいいじゃん!」
「車中泊しようよ」
「寒くなければテントで寝れたね!」

ごみの収集が何日来ないか分からないときも、

「庭で燃やせばいいじゃん」

一週間水が出なくても、

「着替えても洗濯できないんだから
汚れてないうちは着替えないよ」
「お風呂に入らなくても大丈夫!」

・・・・なんというか野生に戻ってました。
ま、もともと野生に近かったんですが。

テレビがあってもなくてもかわらないテンションのまま。
ふだんから、電気の使った遊びをしてないから?

ランタンの明かりで、午後7時半には布団に入り
(寒いので・・)
布団に入ったまま、ラジオに耳を傾けたり、本を読んだり・・・。
なんかキャンプのテントの中みたい。

三人とも、もういやだとかわがままいわず
不便なら工夫しようよ!というスタンスなのが
わが子ながらすごい・・・・・・・。