2014-08-27 (水) | Edit |
こんにちわ!いとみっつんです。
子供たちとともに夏休みしていた私(主婦なのに)
始業式とともに6時に起きるようになったら、
家事がはかどるはかどる。
一時間早く起きるだけでこんなに違うとは・・・・。(グータラ主婦とでも呼んで・・・)

さてさて、
お盆キャンプのレポでも・・・。
日にちは8/13~15の三日間。

場所は、

「花山自然の家野営場。」

本館もすっごい山の奥地ですが、
その本館から、車で片道10分はかかる山奥。
2014BS夏キャン開会式準備
使用には自然の家の事前の手続きが必要です。
施設は、サイトはフリーサイト。車の乗り入れは出来ませんが、
設営場所を考えれば、車の近くには設営できるし、車もサイトから見えます。

広ーい。
きれーい。
手入れはいいです。
草があまり生えてないところは、水たまり注意です。

だけど、ワイルド。
クマ出るよ。
なので、食糧やごみ管理は必死で必須です。

NCM_0078_convert_20140827090955.jpg

シャワー棟と洋式トイレあり。
トイレはすべて水洗。
こちらもまあきれい。
基本は、使用者が掃除するシステムなので前使用者の掃除力に多少影響あるかも。
虫の死骸が苦手な方は注意。

木造のロッジが8棟ほどあり、
古くて床はべニア板。3畳程の広さ。
掃除の必要はあるけど、まあ泊まれます。電気なし。
銀マットは、野営場内にある管理棟から借りられます。

管理棟というのは、
団体指導者が使う施設で、宿直室、放送資材、電気、冷蔵庫完備。
ちなみに自然の家職員は常駐してませんが、本館への連絡電話があります。

子供たち設営中。
花山野営場遠景

NCM_0080_convert_20140827091020.jpg

おおっランドロック!
今回初投入。

私はといえば、
今回補助というかお手伝いなので、
お客さん状態で、のんびり。

というかどこまで手を出していいか分からない・・・。
中学生というのは、難しいお年頃デス・・・・。
くち出す・・・「知ってます」
くち出さない「言ってほしかった・・・」

その間も、子供たちはタープを建て、
アメドを3張り協力して建てた。

うんうんスバラシイ。

ランドロックだけは、初張りなので、
リーダーがお手伝いして、建てた。

その後、ランタンやら鉈の使い方を勉強したり、
たき火競争したりして、
そのまま野外炊飯へ。

某班の炊飯の火が遠いうえ、火力が弱く、
だらだらと炊いてるので、
さすがに口を出してみる。
だってそれはリーダーも食べるのだ。
口も出します。出させてほしい。

「そのまま炊くと、ヤバイヨヤバイヨ」
スカウト焦るも、自然の家で準備してくれた薪が足りない。

本来なら薪拾いはボーイスカウトでは当たり前なはずだが、
準備してある薪に執着して、自然の中から拾うという考えが出ないらしい。
「カレーの分の薪が無くなる・・・」と薪投入をしぶる・・・。

「周りに木があるじゃん」
と、とうとう言ってしまった。

他の班の敏いスカウトもその声で察知して、素早く動く。
そして薪になりそうな木を拾いに走った。

しかし・・・・・。
三つある班のうち、某班のご飯だけ、
ぼさぼさの微妙な出来栄えに・・・・。

水と少量の酒でもう一回炊きなおすというリカバリー方法を
私が教えていたので、(しかし強火というのは守れなかった)
バリバリのご飯は食わされずに済んだ・・・。

カレーだよ。
カレーライス
三つあるのは、各班の味見をするため。
しかし、いちばん美味しい班が一番少ないとは・・・・。
(余らせると、自分で食べる地獄コースを経験しているため、少な目に設定した模様。
そして失敗した班は、リーダーに多めにご飯をもって、少しでも減らす作戦・・・・・・・)


ところで、女子リーダーが泊まる予定だったロッジ。
花山野営場遠景 ロッジ
白のやじるしのところです。
ここね、、、、

夜になるとマックラポイントでして・・・・。

真夜中のトイレ行きが心配になったため、
指導者だけが泊まることを許可されている管理棟(鉄筋コンクリート製。)
の宿直室らしき畳部屋に寝ることに・・・・・。
(布団、シーツは別途料金あり)
電気・・・・やすらぐ。(軟弱キャンパー)

夜中、聞いたことのない動物の鳴き声が甲高く聞こえ、
山奥地だと再認識しながら眠りにつきました・・・・。

続く。







2014-09-03 (水) | Edit |
こんにちわ~、いとみっつんです。

花山自然の家野営場二日目。

今期のボーイ隊にはめずらし~く、
ほんとにめずらし~く、、、

快晴!!

二日続けて晴れなんて、、、、、初めてじゃなかろうか・・・・。

そして、これまたうちの息子が上進して以来初めての、、、、(確か)

沢登りへレッツゴーーー!!

下流の第一ポイントから第二ポイントを経て第三ポイントへ行くコース。

私はサンナン連れなので、
第二ポイントでのんびり待つことに。

下流ばかりを、岸壁の母よろしく見つめていたら、
まさかの背後から、道路沿いに歩いてきたボーイ隊と合流~。
サワノボリジャナイ・・・。

さあ!!みんなで水遊び!!

2014BS夏キャン沢登

水がすっごいきれいなわけですよ!!
冷たいけど・・・・さいこうーー!ヒャッハーー!梨汁ブシャー!!

****

水遊びも終わり、午後はまったりまったり勉強タイム。
環境保護についてお勉強。

その間、リーダーたちは営火の準備。

営火については、また別の機会にお話しすることにして・・・・。

二日目も静かに夜が更けてゆくのでした・・・・。

それにしても、テント持ってきてもよかったな~。