2017-06-04 (日) | Edit |
こんにちわ。いとみっつんです。
うーん、ひさっびさの更新です。
なぜ、更新したかといいますと、
ほんとにひさしぶりに、

新しいテントをでキャンプに行ってきたからなんですねー!

これを参考にしてもらえれば、購入を考えている方の参考になるに違いない!
レビューして、アフェリエイトでお小遣いを稼ごうだなんて、おもってないっす。ぜんっぜんおもってないっす。

新しいテントと言っても、
私が購入したのではなく、
ボーイスカウトのカブ隊のテントでして。

ボーイスカウトのテントといえば、
ジャンテンといわれるA型の大型テントとか、ドームテントが主流なんですが、

カブ隊は、小3から小5の子供中心の隊でして、
うちの隊は、手伝える保護者も母親が多いため(しかも少ない)
必然的に、最小の人数で簡単設営撤収のテントを探し、出た答えが、

ワンポール(ゲル型)のテントです。

こちら↓



人数が多いので大きいサイズ5m。

これで7月はキャンプ合宿の予定。

しかしですよ?
このサイズ、サイトに入るんかな?
このテント就寝人数あってるのかな?
このテント、安いけど(大型テントにしては)大丈夫なのか?

とか、まあいきなり実戦投入するには怖いので、
私が先駆けて試験的にこれでキャンプで一泊することにしたのです。
(なんて熱心な隊長でしょう。)

こちらがテント↓
GEテント 外観
 場所は泉ヶ岳市民キャンプ場。
雰囲気は最高によろし。
サイトにもおさまっちょる。いとよろし。

中はこんな感じ。
GEテント 中

最大12名寝れるという広さ。
大人はちょっと厳しいような気がするけど、
雑魚寝で子供ならイケる。

雰囲気は最高に良くて、居心地も良く、家みたい。
天井は高いし、広いし。(5mを3人で使ってるからね・・・・)

設営撤収は、もう簡単。一人でも建てられる。ペグ地獄に耐えられれば大丈夫。

さて、この日は泉ヶ岳は強風で、気象庁によると風速10mほどの風が吹いてました・・・。
このテントも、モロに風を受けて、ワタクシ撤退も考えたほど心配してましたが、
張り縄の数が多いのと、ペグの一部にソリステで補強したためか、倒壊することはありませんでした。ほ~、、、。

デメリットとして、

薄い一枚布テントなので、外の気温にモロ影響。
夜中気温が11度くらいまで下がったけど、めちゃ寒い・・・。
(ってか5mを3人で使ってたから・・・・・)
日が照ると、温室。(窓が結構あるので、風が吹けばまあ涼しい)
日差しはさえぎれない。薄いから。

布がバサバサと風にあおられるとうるさい。
高さがあるから、結構ポールが揺れる。不安・・・・。
↑あ、でもポールの上下にゴムが付いていて摩擦力でずれないです。
しっかりペグ打てばしっかり建ち、軸がずれる心配はまったくないです。

自在がプラスチックなので、結構緩む。ここは交換できるかな。
紐がナイロン製のひもなので、ちゃっちい。

入口のチャックが壊れてる。(壊れてた?)
入口のチャックが布を噛みやすい。
入口が低くて、出入りに腰がつらい。

こんな感じ。 サンコウニナレバ・・・・。

しかし居心地はよし。
GEテント 中の様子2

GEテント くつろぎ

まるでうちのようにくつろぐ。
外は風が強くて、遊ぶどころではない。
(他の子は、遊んでたけど)

しかしここで困ったことが、、、。
風が強いので、焚火&BBQを断念した結果、
テントで肉を焼いて食したら、
焼き肉臭くなってしまった。

しまった。

カブ隊のテントなのに・・・・。
「隊長、カルビ臭い」って言われる~~~。

↓これくらいがファミリー向けなのかなー。
前室もとれて、4人分の寝室も確保。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村








2017-06-06 (火) | Edit |
こんにちわ~。いとみっつんです。
久し振りの投稿にもかかわらず、訪問してくださる方がいてうれしいかぎり、、、。
みなさん、ありがとうございます。
現在のいとみっつん家は、
チョーナンは高校三年生、ジナン高二、サンナン小5(まだ小学校かー、、、。)
とまあ相変わらず子供の予定に追われる毎日、、、。

キャンプを初めて13年くらい、、、。

ありあわせのものを集めて行った初のキャンプ。
母子3人(母、チョーナン、ジナン)のキャンプ。
母子4人(上記+サンナン)のキャンプ。
家族5人のキャンプ、、、、。
いろいろあったなー・・・。

そこで、本日は私の美貌、いえ備忘録をかねて、
現在のキャンプスタイルを書き散らしたいと思います・・・・。

私のキャンプスタイルは、ずばりシンプル。
もうずっとシンプル。もう5年くらい前からシンプル。
いつでも、すぐに逃げ出せるスタイル。
大雨が降っても、風が吹いても、クマが出ても、
ジェイソンが出没しても、
真夜中に見てはいけないものが見えても、
すぐに車で逃げ帰れるスタイル。
現在のグランピング志向に完全に逆行。

食料、クーラーボックス、水(ペットボトル2L)、椅子(ヘリノックスサンセット)、小さいテーブル、
寝床(コットとモンベル#0)、食器と火器(カセットコンロ)、そして焚火台があればよい・・・・。

タープは、現在完全に使ってないデス。
理由:設営が面倒なのと、風とかあったときに大変だから。雨も面倒。

なのでケシュアのseconds family4.2を使って、
夜は、焚火台以外は、テントの前室(真ん中の部屋)に完全撤収。
雨の日は、前室でおこもりくつろぎ
or温泉に行って温泉にてくつろぐ
orご当地の居酒屋とかレストランで美味いものを食べる。←最強!

こうしてみると、
ただのぐうたらキャンプだなー、、、、。

GEテントでもっと簡単で楽できるといいなー・・・。

おこもり中・・・・。
GEテント サイトの様子

朝ぐらいは外に出るかー・・・・。
GEテント 外観




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村